20期高 西田先生米寿お祝い会

2015 年 11 月 26 日 日出学園同窓会 同窓会開催情報

20期高 五百井 俊宏

会報69号20期西田先生お祝い会

今年11月、我が担任の西田信彦先生が88歳の米寿を迎えられます。
また私たち20期生は、高校を卒業して50年たちました。
そこで両記念日を祝し、4月11日、市川の料亭「栃木家」でクラス会が開かれました。
当日はお元気な西田先生を囲み、懐かしい思い出話に花が咲きました。

私が西田先生にお会いしたのは昭和34年4月で、日出学園中等部に入学した時になります。
物理の授業では、中学生にとって難解な内容を分かりやすく説明していただきました。
時々、授業中西田先生は「これはどうだったのかな?」と黒板の前で考え込むこともありました。
考えることの重要性を自らの体験で生徒に示されたものと思います。
当時、西田先生は軟式野球部の顧問もされており、バント、盗塁、ヒットエンドランのサインは、右手を左手の手首、腕の関節、肩に当てることで選手に伝えました。
分かりやすい指示は授業と同じで、当時決して強くなかった野球部を、その後強豪に育てられました。

現役時代には多くの教育実績を残されましたが、日出学園を退職された後は趣味の油絵の制作に没頭され、今なお前向きに新しい作品を発表されています。
そのような先生のお姿に触れ、私たちも古希を迎える2年後に再会を約し、益々西田先生がお元気でお過ごしになられますことを祈念してクラス会を閉会致しました。

Copyright © 2003-‘2017’日出学園同窓会 ALL Rights Reserved.